主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
biancaから見ました。
biancaは、結成の頃から見ているバンド。
初心者と経験者で編成されていて、最初は初心者が経験者に引きずられているさまがシロウト目にも手に取るようにわかったものだが、ここ2~3回のライブを見るに、それぞれ自分の仕事がわかって、バンド全体でひとかたまりの音を出すようになっているなぁと感じる。
細かいところはいろいろともっと良くなる所がありそうに見える。
もともと取っつきやすい曲をやるので、楽しく聴けるバンド。前のライブぐらいからハモリを入れていて、それがとても華やぐので、もっとやればいいと思った。


わだじゅんぺい
実はひさびさに聴いたわだじゅんぺい。
以前よりすっと心にしみこむ感じ。
年月を重ねた分なのか、比較的素直で余計な気負いがないように見えました。



オダッツ
オダッツも久々だ。新曲を2曲?ほど用意してのステージだった。
新曲は、小ぎれいなロックという風に感じました。自転公転の時のチャイの手の動きは見ててすごい。ひとつのショー。



SOUNDBOX
今日は3人での演奏。ベースがすごく動く、いつもながらの元気な演奏でしたが、やはり4人の時とはてきめんに音の厚みが違うような。
昔と比べたら演奏がとてもうまくなって安定しているなぁ。



ROZZY
最初の方ちょっと機材のトラブルか何かあって、ベースを赤いのと取り替えていました。
ROZZYのセンターに赤いベースは新鮮だった。
主催であわただしかったためなのか、自分的にはあわただしい感じの演奏に見えました。

スポンサーサイト
自分、あえてシロウト的な視点を大切にしようと思い、音楽の勉強とかなにもしてないんですが、誤謬等ありましたらご指摘下さいませ。

与謝野
相変わらず心に迫るアダルティーバンド。
割と静かめな演奏にきこえるので、あのウッドベース?のぼんぼん言う音が非常に直接的に心にひとつひとつ刻まれつつ、ギターの泣きとあいまって、じゅんこさんのボーカルのすごい表現力を引き立てあっているなぁとおもいました。


Power of Piece
SAXがいい感じに耳に心地よいバンド。今日は新ベースでの初めてのライブ。
ボーカルがきれいで聴きやすい声です。もっと気持ちにぐいぐい入り込んでくるようであればもっといいです。


MAX BET
ちょっとコミックバンド的なテイストのバンドですが、楽隊がとてもよいです。状態のいいバンド独特の、音が互いに同調しあってかたまりになってきこえる現象があるような気がします。
「クソ野郎」という曲は、要するに「漏れそう」みたいな状況を歌った曲ですが、大腸の中で起こる暴動をギターとベース、ドラムが見事に表現しているように思いました。
その次のバラードも楽隊がよかった。ボーカルはもっと言葉を情感のせてていねいに置いていってほしいなと思いました。


ROZZY
最初の方はあったまっていないのか、若干表情が乏しく思いました。
ハーゲンダッツとか君の歌とか、なつかしいのもやった。新曲もやっていました。
このメンバーでの音のまとまりは着実によくなっているようでした。後半からはあったまってよい感じに聴けました。
9月の峠は、よいけれども、まだ以前の心揺さぶられる疾走感がわかない、わきかけ、という感じがしました。
MAXBETの曲をやっていましたが、ROZZYの曲だと言われてもわからない感じでした。
夕暮れはボーカルがいい感じに出ていてとてもよかった。
空に願う、イイ曲です。まだ熟成途中なのかもしれませんが、(あくまで自分的には)もうすこしなにかが来れば気持ちの扉が開く的な感じがします。
Sea lion
少年ぽい甘い口当たりでしょうか。おじさんの自分にはちょっと味わいづらい感じでした。

lie for lie
若い。みんな10代とかでしょうか。4人編成で、元気に演奏してました。

Samrider'z
さすが
すごい
というかんじでした。
音が生きてて踊ってる。
出演者もすごい生きがいい。
最初の方はボーカルコーラスが小さいなと思いましたが、後半ちゃんときこえてきました。


Shanghai
今日から鍵盤が増えて、4人編成でライブ。
鍵盤が加わり音色が増えてよかったのはもちろんだが、このバンド、3人編成がけっこう完成されてたので、もっと鍵盤の音が馴染むとすばらしくなるんだろうなぁと思った。


GRACE SILVIA
このバンドの好きなところはやっぱり楽曲で、緩急というかメリハリというか、静かな音と大きな音がとてもうまいバランスで使われてるというか、音のないところも、音があるかのように静かさを味わえる、絵で言えば余白が奥行きを出してるみたいなかんじです。
しかし、なにせ演奏が不安定でここなん回かは、残念な感じの演奏もあったのだが、さすがに今日の演奏はミスなくびしっとしていて、久々にグレイスのすばらしさをかいま見たような気がしたなぁ。
LUNCH PARKER
とてもうまかった。
こんなうまいバンドで知らないバンドが旭川にあったんだなぁと思った。
いや、バンドの名前は聞いたことあったんだけど、聴いたのは初めてかもしれない。
ギター×2,ベース、ドラムの4人。演奏はとてもぴったりと同調していて、非常によい。ギターもさることながら、ベースもかなり巧いようで、オダッツのチャイっぽい指使いで聴かせた。ひょっとしたら微妙に違うのかもしれないが、そんな風に見えた。あれももはやオダッツの専売特許ではないんだなぁという感じだ。
ボーカルはギター2人がとっているのかな?声の系統が似ていて、ハモリがそんなにおもしろくないかもしれない。歌詞は英語。うまいが、自分は感動するところまではいかなかった。



GRACE SILVIA
もう2年半やってるそうです。
けっこう長くやってるなぁ。
そろそろシロウトでもミスとわかるようなミスとかはなくして安心して聴けるようになってほしいと思います。
3曲目ぐらいから暖まってきたかんじでした。新しい曲2曲は、体が自然に動きそうな、楽しめるいい曲です。
やはりセンスのいい、雰囲気を持ったバンドだと思います。


バーコードバトラーズ
これも独特の空気をまとったバンドバーコードバトラーズ。
変な緊張感の中に、変なぬるさがある。なんとも変わった味わい。
演奏的には、ランチパーカーを聴いたあとでは、少し物足りなさを覚えました。



ワイバーン
WYVERNと書く。終始叫んでいる系のバンド。いつ見ても怖そうだ。
こういう絶叫系バンドは少しでも演奏にズレがあると気持ち悪くなってくるけど、非常に高度にシンクロしているので、なにか暴力的なのに非常に耳に心地よい。以前電気猫で聴いたときもそう思った。


破廉恥
女子スリーピースバンド。今日は1人多かった。さて今日は非常にドレスアップしていて目のごちそうでしたが、これも絶叫する人たちです。
なにかいろんな人たちが乱入していました。


006_20090102131940.jpg
ジアンペア
またクオリティの高い演奏で魅せてくれるかと思いましたが、またいろんな人がかわるがわる乱入して、もう無礼講でわけわからない感じになっていました。
やはり年末だからお祭り的になっちゃうんでしょうかね。
いってきました

妄想眼鏡
妄想眼鏡です。
じゅんこさんは今日は拡声器使ってた。戦闘ナルシストの時に使ってたのだが、ハウりでもするのか少しマイクから拡声器離して叫んでいたので、もうすこし音がほしい感じがしました。


オダッツ
オダッツです。



ROZZY
ROZZYです。楽隊の一体感がすばらしく、シャワーのように心地よい音を浴びせかけてくれるバンド。
今日もえらいいい気持ちにさしてもらいました。
ボーカルはやはりもたつきを感じる。音程もやや不安定に聞こえた。



MAX BET
今日は気合いを入れてきた感じで、音楽的には今までの中で一番グルーヴ感があり、いいと思った。
やはりやや歌詞が聞こえづらいのが残念。
コーラスにやや難があった。
ネタ的な感じの歌については、この先ずっと同じに歌っていくのだろうか。



与謝野
与謝野です。古今の名曲非常にアダルテーなめくるめくめくるめく。
基本、カバーをしっとり聴かせるバンドなのですが、今日は初めてのオリジナル?をやっていました。自分的にはおろしたてのせいで全体にあまり馴染んでないように聞こえました。他の楽曲がすばらしすぎるせいもあるんでしょうが。
おのさんの歌がすごい上手かった。ばっちりじゅんこさんのスーパーボイスと融合しているように聞こえた。


SOLID LINE
とよた企画ライブで演奏した中野雅樹の"こころが叫ぶから"
この曲は自分的に今年出会ったアマチュア楽曲でベストスリーに入る曲。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。