主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オダッツ音源です。
いつもいつもアーティストに無理難題を強いるとよた企画。今回はあのオダッツにアコースティックをやらせてみましたよ。ひどすぎだ。
しかし演奏はすごいよいものになりました。この雰囲気いいと思いませんか?むしろこの曲バンドよりアコの方がとよたは好きです。
チャイはエレキベースをアンプにつないで演奏。次はウッドベースを弾いてもらいたい。それこそ無理か。

スポンサーサイト
コレ、取り置きオンリーということで、どうやってチケット手に入れようかと思っていたら、なべちゃんがとってくれました。
札幌の名だたるバンドが来ているだけあって、開演前から50人ぐらい会場にいた。演奏中は100人超いたのかなー。どうしたらこんなにお客来るんだろうと思うことしきり。


Jake Stone Garage
ホットラインファイナル以来2度目だ。
わりとハードな音なのかな。ボーカルは一本調子な気がした。楽器は完全にシンクロしていてよい。今日のバンドはだいたい楽器はかなりの水準でした。ベースの音が響いて全体に迫力を与えていたなぁ。拍手鳴りやまず。

The Maffia
今日の出演者の中ではやはり落ちると思った。他のバンドほど見せることを意識してないと思う。演奏とかボーカルの精度にしても、他のバンドが高すぎて見劣りする感じしました。ボーカルは個性はあるけど、味わいはそんなに感じない。
あと音圧という点で他より小さかった。音圧ってなんだろうね。音が大きいということなんだろうか。楽器同士がシンクロしているかどうかだろうか。

OILMAN
CASINOで2度目。すごい楽しい感じのバンドだ。月光グリーンと並んでファンがいっぱいいるなぁ。ボーカルがしっかり前に出ていて聴きやすい。声は若干クセがなさ過ぎなきもするが、札幌バンドらしくかなりきちんと歌っている。
いい雰囲気をファンと一緒に札幌から持ってきたという感じだろうか。ファンと一体となって盛り上がるバンドの典型というかんじ。「あしたーもファインデー」と自分も歌いたくなりました。自分ノリ悪い人間なので歌わないけど。


月光グリーン
このバンドは、もの悲しくやぶれかぶれな感じが味なんだろう。と思う。どくとくだね。
演奏は他のバンドより良くも悪くもないように聞こえた。全体に水準高かったから。
さっぽろならでは。
ボーカルを含め、和ものっぽい雰囲気を出す。なんか三線とかほしいところだ。

ボーカル
行ってきました。
ライブに
ライブに


GRACE SILVIA
TOPは旭川のガールズバンドでした。6月にもここで聴きましたが、今日は最初は音が割れそうなぐらいでかいような気がしました。しかも少し緊張して固かった。
ペイン、桜と無難にこなしたかんじでした。
当日完成したという現(うつつ)とゆう新曲をやっていました。なんかかっこいい始まり方をしていた。かっこいいドラムそしてかっこいいベース。演奏は、たぶん間違えたんだろうなぁと思うところもなんヶ所かあったが、ちょっとGRACEの曲の中でも、おもしろい方向に育っていきそうな曲でした。
そしてBLUE 思いっきり愛の歌、ちょっと力みがちに一生懸命やっているようでした。


MOSH UNDER THE SUN
札幌のバンド。編成はボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムですか。なんかダンスの要素を取り入れてて、半端じゃなく動いてました。旭川にこういうのないなぁ。歌はうまいしコーラスもきちんとついてるが、どちらかというと視覚の方でより楽しませる感じ。札幌いったらたくさん客がいそうです。むこうのバンドは音だけじゃなくて総合的に楽しませようっていう方向のが多い。


Presence of soul(東京)
女性ボーカルにギター×2とベース。ラウフェンのギターとWALQのギターも途中で参加してた。らしい。音が人工的でそんなに好きでない。ギターとベースを一緒にかき鳴らしたらほんとにあんな音になるのか。えふぇくたー?とかの関係なのかな。


WALQ
ギターボーカルとドラム、ベースの3人編成。見たのは前のカジノから2度目だと思う。
音に一体感があり、かなりうまいんだろうと思う。玄人好みな感じがするが、素人な自分には今ひとつ響かない。なぜなら、楽器中心でボーカルをあんまり重視していないような気がするから。いいボーカルとコーラスをのせたらけっこうすごいことになりそうだが。。。

007.jpg

カオスバンドを見に行きました。
ChaosにROZZYのこーじさんとまこっちゃんがヘルプに入ってバンドにしたような形。KEI君がエレキベース、なべっぷりさんがエレキギターでした。
しかし、いきなりROZZYの曲から始まり、むしろROZZYのヘルプにChaosの二人が入ったようですた。一瞬ROZZYの音がよみがえったような感覚に襲われましたが、やっぱり物足りない感じでした。まぁあたりまえなんですけど。声の重なりと、ギターやなんかの関係でしょうか。
島人の宝?は、まこっちゃんのボーカルで、なべさんの合いの手が入り、よいかんじでした。
拳、Chaosの曲だが、バンドにするとすばらしいの一言。前からコレとかChaosの速いテンポの曲にドラムを入れたらいいんじゃないかなと思ってた。なべ氏のコーラスがなかったのがとても残念。コーラスがあればもっとすばらしくなったのに。
キミノタメナラ、最高のほめ言葉と続きました。
最高のほめ言葉では、なべさんのハモリがあったが、なぜかよく聞こえず。
このバンド、まだよくなる余地がだいぶある。もう2~3回やってほしいと思った。
スタジオオレンジで開催され、4組が出演した、こぢんまりとしたアコースティックライブでした。お客さんは23人来ました。
今回のライブもいいライブになりましたが、出演者の決定や段取り等、企画段階でいくつかの不手際があり、若干ライブのに影響した可能性もあり、今後の反省点となりました。



君抱
SUPLIの空 マーブルのずっとをカバーしてくれました。そしてStory レイニーデイズとかのオリジナル。TAKのコーラスは美味くなったなぁと感じました。SACHIさんは、まだ課題はあるモノの、いいかんじに聴かせてくれました。

オダッツ
ヒトシとチャイのアコ。こんなん見れないよ?Zはなにを考えているのか二人の後ろでずっと腹ばいになっていました。
ヒトシはアコでたまにやっているが、今回チャイが加わってのアコライブ。チャイはエレキベースでしたが、なんだかアンプにつなげていました。ヒトシはアコギ。
いつもヒトシアコでやっている曲が中心ですが、ベースが加わったことで音が広がりを持っていましたね。


よっち&こぉぢ&なべてぃー
練習時間の不足に泣いたこのユニット。ほとんどぶっつけみたいな感じでしたががんばってくれました。こぉじさんのボーカルを初めて見た。
最後のイナ戦はこのユニットの可能性を感じさせました。


GRACE SILVIA

続いて、3曲目のALL ABOUT YOU
コレもかっこいい曲


FMりべ~るの番組SatisPowerのコーナー"Tackのミュージックキャンパス"に投稿して、この曲をかけてもらえました。SatisPoerHPで"Radio"のコンテンツから"SatisPower2007/9/3"をクリックすると聴けます。Tackも絶賛。
逆ギレ時代のジアンペア音源。
ALRIGHT
この曲でかっこよくライブが始まったのです。前半ちょん切ってあります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。