主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UTANOWAです。

とっぱじめはナクロックです。最近のこぉ君の歌は、また以前より深みを増しています。ピンでも十分聴ける感じです。
オベーションの音も、彼のフォークロック的な音楽に合っています。いつも誰かサポートの人とふたりなので、コレがナクロックの音楽っていう土台が今ひとつイメージできなくて、そのへんが物足りなく思う。


太田由佳 彼女はとんとん祭りで見た人です。すべてオリジナルかな。声もよく、歌もうまい。楽曲は素朴できれいだが、やや起伏に乏しいように見えたので、自分は今ひとつ動かされなかったが、十分観客は楽しめた様子。カバーを歌えばかなりいい線行くのではないだろうか。


DUO@
今日はDUO@を聴きたかったのでカジノのオダッツはあきらめたのです。今日は岡君いつものエレアコ、八幡君エレキギター、そしてドラム。と、ロックバンドの趣であった。ていうかもうバンドだね。
最初の曲はディレクションあったかな。いつもと違うことをやっているからか?完全に歌がお留守になっていました。歌が走りすぎて全体的に空中分解してた。
解体新書、ワンルーム、タイムオーバーとか続いたかな。この辺になると落ち着いて、ギターもドラムも互いに互いを引き立てあって、本領発揮してきた。ドラムがしっかりとリズムを刻み、エレキの切れ味ある音で、アコギ×2の時は見えなかったDUO@の魅力が浮き出てきていました。とてもよかった。


キサラギ
キサラギ!!!
コーラスはうまくなったね。ボーカルは今日不安定でした。
MCは微妙でした。微妙でおもしろいってことね。
もっとライブをやってください。

似て非なるもの
これといったメロディーがない、リズム中心の音楽で、聴き慣れないせいか楽しむところまで行きませんでした。アイヌの民族楽器ムックリが入ってたね。

スポンサーサイト
ジャケ買い=なんの予備知識もなく、レコードジャケットの見た目だけの印象で買ってしまうこと


アマチュアミュージシャンは、ふつうはデザイナーとか使えるわけでないから、CDのジャケットは、よいデザインのものは少ないような気がします。デザインがんばったんだろうなとは感じるものが多いけれど、ジャケ買いしたいようなCDにはめったに巡り会えません。

そんななかでも今まで出会ったCDで、いいデザインだと思ったものを紹介してみます。著作権とかありそうだから写真は載せない。


○わだじゅんぺい 先月買ってみた。美瑛の?上富良野の?景色の中でわだじゅんぺいが写っています。あぁわだじゅんぺいがアコギでさわやかに歌ってるCDなんだなというのがよくわかります。こういうわかりやすさのあるジャケットけっこう少ない。
評価★★★☆☆

○つな ツナのCDジャケットは、白地にギターを持ったツナのシルエット。大げさにならずさりげなくしかも印象深くていいです。CD本体も、昔のドーナツ盤みたいなデザインでよい。
評価★★★☆☆

○オダッツ かわいいね。3をあしらったデザインは、まぁ個性的というか。鮮やかでにぎやかでよいです。
評価★★☆☆☆

○ROZZY 4枚出てるかな。なぜか3~4枚目のROZZYのCDジャケはセンスいい。そんなのが得意そうな人はメンバーに見あたらないんだが。できばえはわだじゅんぺいのほうがいいけれど、センスを推します。
評価★★★★☆

○Peace Lemonade ピーレモのジャケットとライナーノートは、コピー紙を使った手書き手作りの印刷で出来は正直安っぽいんだが、こんなCDみたことないっていう個性的なCDです。表がパンダの顔になっていて、フェルトで作った黒い耳がCDからはみ出しているんですが、ぱかっと開いてCDを取り出すと、そこには黒いしっぽが書いてある。手作りモノトーンという条件下でこれ以上のものはないような。むしろそんな条件ゆえこんな風にできたのかね。メジャーなCDだったら、店頭に置きにくいから耳つけるなんて発想は絶対出てこない。アマチュアならではのおもしろいCDです。高校生の若さと勢いと大胆さで作ったCDジャケ。
評価★★★★★

○ナクロック  メンバーがそういう仕事やってる人で、やっぱり出来がちがう。何枚も出しているが、すべてアニメっぽくしたメンバーの絵をあしらったジャケット。3年前最初に見たときジャケ買いしそうになったが、お金がもったいなくて買わなかった。唯一ジャケ買いしたくなったCD。
評価★★★★★
カジノドライブにヒロスペを見に行きました。
ヒロオ2世&スペシャルアワーズ、今日はトップで、なんだかリバーブが深め。自分的には声の輪郭がぼやけているような気がして好きでない。ただ、幻想的でサーカスっぽいショーのおもむきはあった。
ヒロスペの音楽は、作り込まれている上にスキルも高く、いつも楽しい仕上がりになっている。ヒロスペの音楽を聴くのには、「理解しよう」という努力を要しない。いつでもそのまますっと頭に入ってくる敷居の低さがあります。そういう方向性なんだろうし、ないものねだりかもしれないが、彼らの音楽には衝動を感じない。ラウドな音かとかそういうのを別にして。どこまでもきれいな音楽なのが物足りなくもあるね。


2番目のバンドは、名前がよく聞こえなかった。チケットにも書いてなかったみたい。始めたばっかりっぽく、ちぐはぐな感じもしたが、最後の曲には何かを感じました。

TRAP the CROWは札幌のバンド。女性ボーカル。札幌のバンドだが、自分のイメージ通りに声が出てないのかなと思った。そのうち声は落ち着いてきたが、ボーカルの人はかなりエキセントリックな感じで、叫んだり(コレはふつうにシャウトか)マイクスタンドごと倒れ込んだり、ステージ上を歌いながら落ち着かない感じにうろうろしたり、曲が終わる前にひとりで退場しちゃったりと、おもしろかったです。


Empty Brainは、札幌のバンド。札幌バンドだけど歌がうますぎなくてよかったです。自分ちょっと外で休んでました。

SAMRAIDERzはすごかった。彼らのリズムとメロディーとに、機関銃のように撃ち抜かれましたね。プロじゃないよね?プロか?なんか次元が違った。ボーカルとコーラスのコンビネーションもとてもいい。
ハイスタンダードみたいなジャンルでしょうか。こういうのを聴くたびに、なんで英語詞なんだろうと思うんですけど、英語でないと成り立たない音なんだろうか。
CDRを買って、聴きながらこのブログを書いている。WISHING ON A STARがすばらしい。1000円のCDも買えばよかったかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。