主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カトオン行った。
久々だカトオン。

Emotional Wave
一度見たことあるかな。ないかな。前に見たとしてもメンバー大幅に変わってるように見える。
演奏はかっこいい。歌に若干迫力なかったと思う。


ムーヴィングスクラップ
久々に見た。
今日はボーカルの人、わさわさしたのを首にかけていなかった。
衣装が以前と変わっていた。あいかわらず目で楽しませるバンドです。
演奏はボーカルを引き立てるようなかんじで、歌もコシのある声がよかったです。


bianca
ビアンカ、2回目です。
このバンド、わりとメンバーのキャラが立ってていいですね。ムービングスクラップほどではないけど。
演奏はというと
とよたが言うのもなんだがなんとなくぎこちない。しかし12月より演奏も歌ものびやかで、進歩を見せています。
何よりこのバンド楽しそうです。初期衝動というか、「バンドを始めました 楽しいです」 みたいなものが感じられるし、雰囲気が客に伝わる。そして、ほのかにそして確実にグルーヴができている。ただ、速い曲のときは勢いに乗っていていいけど、ゆっくりした曲では若干漫然と演奏しているように聞こえてしまう。
このバンドは追ってみたいです。次のライブ、その次のライブ、そのまた次のライブと、場数を踏むごとにグルーヴが成長してくのではないでしょうか。
スポンサーサイト
FEED BACK
途中から見ました。ぬるいMCがちょっとおもしろかった。ハイスタ、ラルク。歌は若干ぬるく、迫力は今ひとつ。楽器はそれなりに迫力があると思いました。
ベースとギターが途中で入れ替わるというあまり見ないパフォーマンスが新鮮でした。


妄想眼鏡
先週に続いて妄想眼鏡。出演バンド紹介がおもしろい。こういう演奏以外でも盛り上げる努力を忘れないのはさすが。
じゅんこさんのオーラが出まくったステージ。いつ見てもよいです。あの海太郎さんも見に来ていた。


MAX BET
深川のバンド。コミカルな歌ばかり歌うが、実はボーカルうまいし、声もかなりいい。"テレホン"は、植木等の流れをくむ感じのコミックソングで、最初の方は本気の耽美派バンドみたいだ。
そういう歌は、歌詞をきいてもらわないとならないところだが、残念ながらあんまり聞き取れなかった。聞き取れるようにすると、ギターやドラムの音を薄くしなければならないだろうし、悩ましいところです。
あと、演奏は本格的なだけに、歌とか音の作り込み的なところが、コミックバンド的なところで微妙に妥協しているような気がして残念。


ROZZY
とりあえずIKKIのパートをまこっちゃんがどう歌うかにボーカルの出来がかかっているような気がするが、"妄想"はその意味でボーカルが重たくてちょっと精彩がないように聞こえる。
ブレイクダウンとか夢はいいと思います。「晴れた空ー♪(曲名わからん)」はすばらしすぎる。
今日のコンディションとして音程が揺れていたのが残ねんだった。
最近のまこっちゃんの、時々コブシを回す歌い方は好きじゃない。
ベースはヘルプのたすくが入っているが、これがまたIKKIとぜんぜん違う弾き方。IKKIはベースでメロディーを奏でる傾向?があるような気がするが、たすくはまさにリズム楽器という感じにひたすらにリズムを刻み、チョッパーなんかも見せてくれる。ベーシストのあやこさんとかタクヤ氏は、チョッパーはちょっとやそっとじゃできないと言っていたので結構なテクニシャンらしい。まだROZZYのベースとして聴いててなじまないので何とも言えないが、なじんでくるうちに、「これぞROZZYのベース」みたいになってくるのかも。
CASINOに行きました。ひさびさにジアンペアを見に。


Head Family→元気いいバンドでした

Al Van She’s Coming→ギターの割と幻想的っぽい効果を中心に音ができてる感じに見える。ヴォーカルギターのエキセントリックなキャラがいい味わい。歌があんまりうまくないのが残念。

くだらねーぜ←くだらないのではなくてこういう名前のバンド。初めて聴いた。ベースはラブルの人と同一人物?重厚なベースに勢いのあるドラム、そしてからみついてくるギターが一丸となって五感を刺激しました。とてもパンチが効いていて音が生きているなぁと思った。ボーカルにもっと味がほしい。

ジアンペアはすごくよかった。こんなバンドだったかしらと思うほどの勢いと鬼のグルーヴ感、すさまじい演奏のキレ。コーラスもよくて、美しくハモっていた。今までと見方が変わりました。ギターが木目調なだけのバンドではない。

BUGY CRAXONE(東京)
東京からツアーに来たバンド。とても上手くて演奏もボーカルも非常にいい味だったような。ただし全力出し切ってる感じではなく、100回ライブやったら100回ともこれぐらい高いクオリティで演奏できるんだろうなという安定感がありました。
♂Gt、Dr、Baと♀Gt&Voで、ラブルと編成がまったく同じだなぁと思った。雰囲気的に似てなくもないし、ぜんぜん似てないと言えばぜんぜん似てないし。

とよた企画ライブ

冗談はメガネだけ
2008年3月30日 旭川市6条通7丁目スガイビルB1 CASINO DRIVE
17:00開場 17:30開演(予定)
チケット前売1000円 当日1200円

出演
オダッツ
ヒロオ2世&ザ・スペシャルアワーズ
mani the dresshing(札幌)
Rozzy
and more…(and moreというバンドではない)

↓詳細こちら
http://www.geocities.jp/toyota_aij/yukemuri/2008.3.30jo-mega.html


ボギーズでアコースティックのライブです。ツナ久々に見た。

瀬戸口正樹
ダントツに歌が上手く、すごい人です。声量とか音程とか、道内でもトップクラスな気がする。
さて、途中から入ったので半分ぐらいしか聴いていないのですが、曲は語り的な味わいで、さびの盛り上がりというか変化が若干乏しい感じがしますが歌唱力でカバーしています。
今日の状態だと思うけど、気持ちよりうまさだけが単調に積み上がっていくような感覚もあり。

Chaos
新曲「心の破片」は最近のおきにいり。Chaosは地味にいい曲をコンスタントに出してきます。
ライブでの歌や演奏は、着々と上達していたが、ここのところ頭打ちのように見える。

たけ♪
去年?一昨年?ここで聴いたときよりも格段に上手く、続けることの大切さがわかります。
最初の方の曲は、作品としての輪郭がはっきりしていないように感じた。
最後の「幸せ」という曲が、彼女の素朴な感覚がよく出ていてよいと思った。


ジョニー(姫路)
がなり気味に淡々と歌う人。アウェイだからか、そんなに力強さは感じないが味わいのある歌でした。


中野まさき
青い紡ぎ糸、ブラウントラウトリバー、レインボウフィッシュ、心が叫ぶから アンコール。
久々にMasakiを見るという人が多く、ほとんど新曲のオンパレード。今日は声の状態がよく、気持ちよく伸びていた。
最近お気に入りの「こころが叫ぶから」も、この前聴いたときよりさらによい出来。音源ほしい。
まさきはここに来てまた成長しているような気がします。
けっこう本気のアンコールが起きて、歌った曲がまたとてもいい曲だった。名前ついてないとのこと。
長らくアコギ2本でやってきたDUO@だが、去年からドラムを入れてロックンロール的な方向に発展してきました。岡アコギ八幡エレキショウヘイDrみたいなかんじで。それが見事なまでに成功している曲がこれ。イントロが(カットしてるけど)かっこよいですね。

DUO@の"TIME OVER"。彼らは、やわらかな繊細な雰囲気をしっかりくっきりと出すという、できそそうでなかなかできないことをかなり自然にできる人たちです。
ライブ音源なので、音程やテンポの微妙なゆれとか、若干気になりますが、それも曲自体の完成度の高さゆえです。

Chaos
こころの破片 小気味よく味わいぶかい歌でよかった。けいくん声が苦しく血管切れそうでした。リクエストでほほえみがえしを歌った。

ナクロック
ムーデーな曲からはじまり、Chaosのカバーで"最高のほめ言葉"を歌いました。言葉の切り方は変えていたけれど、わりと元歌に忠実に歌ってました。そしてわだじゅんぺいにあげた曲 和モノっぽい悲しげな歌謡曲ムードでけっこうよかった。
とびっきりジャンプをTack、わだとセッションで。この曲は二人で歌うと栄えます。

わだじゅんぺい
いさお初出演とのこと。新曲 ナクロ歌 ナクロックに提供した歌を歌ってた。若干大味だが楽しませる演奏です。

あわねわーるど
Tackの伴奏。カバーとかもやってウケていました。

Tack 
オリジナルのズレとみせかけてガッチャマン。やられたというかんじ。ウケていました。
Tackのオリジナルと、ツナが歌っていたことがあるケサラ。ギターもうまいし声もまろやかでいいです。

浅野ともひさ
マイウェーという曲と、玉置浩二の田園。
しゃっきりシャキシャキとメリハリある演奏でした。

とよた企画ライブ爆乳帝国でトップを飾った妄想眼鏡の"皹"。なんて読むんでしょう。ふんどしじゃないし。
とにかくとてもいい曲なので聴いてみて。ボーカルじゅんこさんのうまさにぶっとびます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。