主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は旭川買物公園に路上を見に行きました。街頭放送が終わったら路上の時間だ。
オクノ前でヒロオ2世と、丸井前で田舎ライフがやってました。ヒロオ2世に"Rain"をリクエストして歌ってもらった。
田舎ライフにはヘルプでDuo@のショウヘイくんが。「ひまわり」とかとても心あたたまる系の歌を歌っていた。
ほかにも路上やってる人はいたらしいが見られなかった。

田舎ライフのこの歌は聞き屋の曲らしい。聞き屋の人たちは留学したり内地で牧師になったりして旭川にいないんだとか。

路上演奏というのはそれ独特のライヴ感があってなかなかばかにできない。
携帯(812SH)で撮影したのでかなり粗い録音だけれども、それはそれで古びたいい味わいになる。
ちゃんとした機材で記録したらきっとなかなか見応えのあるものになるのでは。
スポンサーサイト
なおと、サクラマス、花びら
「この夢」は雅樹らしいサビがとてもよい曲。そして
めぐりあわせ、青い紡ぎ糸ときて、「こころが叫ぶから」この歌は本当に好きだなぁ。
夏休み、ブラウントラウト、夏物。レインボウフィッシュのひとり弾き語りバージョンは、これはこれでタクマサの時とは違った味わいがあっていい。中野雅樹の速い曲は、脳天気でほがらかな感じのが多いが、レインボウフィッシュは、暗めの感情が入っていて好きだ。
紋別からとって返し、カト音ライブに行きました。

ムーヴィングスクラップ
ボーカルの人はまた首から例のアレをぶら下げていました。一度さわりたい。それと結婚式の新郎風のスーツで、わざと色物っぽい雰囲気を出しているが、歌は割と上手く、はずさない。
このバンドは、音全体の印象に鍵盤の占める割合が多い。自分はこのバンドの音の印象イコールあのわーっと効果のかかった鍵盤の音だ。


bianca

タイムマシン以外オリジナルのようで、ポップな雰囲気がよいバンドです。
真ん中ぐらいの曲はわりとよかった。やはりゆっくりな曲になるとだれるかも
ボーカルは魅力的な声だけど、サビであんまり盛り上がらないというか全体通して抑揚を感じにくいかも。
右のギターがうまくて、いろいろと聞かせるが、それとドラムばかりが目立って他の音とそんなにバランスがとれていない気がした。
お友達のバンドなのでひいきにならないように書きました。

りべーるホールのライブに行ってきました。カウンターではダーティーオールドマンの兄さんが飲み物出していました。
階段を上がると、だめんずのメンバーがたむろしていたが、皆口々にあいさつしてくれたので、知り合いのいないライブなのにとても入りやすかった。チケットは2組出演で500円1ドリンク付き。

入ると、1番目のVEHICLES (ビークルズ)が演奏していた。立ち見だったが、最終的には60~70人ぐらい入っているように見え、とても窮屈だったので、あの客入りならオールスタンディングでもいいのではないだろうか。それでもテーブルは飲み物を置くために必要かも。
ステージの方には照明があまりあたっていなかったが、客側にはこうこうと照明が当たっていて、照明の向き的に立って見ているとまぶしかった。客席は暗い方が鑑賞しやすいと思う。

聴いたのはラスト3曲ぐらいか。ベース、ギター、ドラム、鍵盤、前列は管楽器が3人だったかな。ギターボーカルは木造館で見たときほど声は出ていなかったけれど、泣きのギターが聴かせた。トランペットがボーカルをとった曲はかなりいい声だった。本格的にボイトレかなんかやってるっぽい。
アンコールで今度は鍵盤の人が歌ったが、これも非常にいい声で驚いた。
曲はすべてコピーらしい。男性4人はもっとドレスアップしてほしいように思った。



だめんず11
ボーカルは前よりよかった。管楽器が5人で、トランペット、トロンボーン、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスだったかな。
トランペットがよく聞こえていたが、ほかの管楽器は、音を伸ばして吹くときはよく聞こえるモノの、ほかのときは薄く、ジャズっぽい演奏になるとやや重たい感じがしました。やはりなんとなく吹奏楽っぽい雰囲気です。
パーカッションは、自分が向かって右側で聴いていたせいかほとんど聞こえなかった。ベースはシンプルな感じに演奏しているように見えたが、音は全体を貫いて要っぽい感じでした。
とよた企画ライブ「ヤキツヨ時代」を6月14日に開催いたします。

打ち上げは秋月2条1丁目"ヤキトリツヨシ"
会費は2000円。ドリンク1杯付き。ドリンク2杯目いこうは実費となります。



ライブはたぶん6時とかから。出演者は

●中野雅樹
●妄想眼鏡(アコ気味)
●DUO@

and more…


すべてアコースティック。とよた企画が厳選した、ココロをつらぬくパフォーマー達です



http://www.geocities.jp/toyota_aij/yukemuri/2008.6.14yakitsuyo.html
2007.12.9ORANGEとよた企画ライブ爆乳帝国でトップを飾った妄想眼鏡の"皹(あかぎれ)"ライブ音源。
あまりにもいいのでもう一度のせるよ。けっこう毎日のようにPCで聴いています。

TGアトラス
この時点でかなりの客がいて、満員な感じでした。80人は入っていたか。
ラウドな絶叫系で、個人的にあまりなじめなかった。
皆楽しんでいたようで、こういう音楽を楽しむ層は実はかなりいるんだなと思った。


Color me blood red
こちらも絶叫系のバンド。人はたくさんいるんだが、そんなに客は熱くない。おとなしく見ていました。



ジアンペア
このライブで唯一ふつうっぽいロック。一体感と浮揚感が楽しめた。
「みんな置いてかれてるかーい」というMCうけた。



Discharming man
札幌から来た、全国的に活動してるバンドらしい。
Gt、Ba、Vo、Key。モノローグも入って全体に演劇っぽい。ほぼアコみたいな感じもする。
もったりとした曲と演奏に、自省的な雰囲気の歌。ボーカルは音程が正確ではなく、声にも魅力がないと思った。
味わいもうまさもなく、退屈な感想でした。よかったと言ってる人もいたのでたまたま好みに合わなかったのでしょう。
最初の2組とものすごく路線が違うのに、同じお客さんがおとなしく聞いているのに驚嘆した。



miscorner/c+llooqtortion
ドラムが2人だけのバンド?
それぞれたたくものは違うようです。
ボーカルがないので、聴き方があまりよくわからない。申し訳ない。
和太鼓を思わせるようなところもあった。打ち込みっぽい音は入ってました。
さて、このブログを書いているとよた、ややもすると音楽に造詣が深いと思われがちですが、実は音楽のことはなにもわかっていないいちリスナーです。
先日はエフェクターを見てどうしても名前が出てこず、「フェーダー」とか「ディフェンダー」という言葉が頭の中をぐるぐる回りました。たまにメンバーのパートがギターかベースかがわかっていないこともあります。
そのようなていたらくで書くライブレポですが、このようなシロウト目線のレポこそ重要だと思って書いております。
当然のように間違いもありますが、その際はご指摘いただければ頭から血が出るまで土下座する所存です。


今日はNITECAPS企画の女祭り第2弾。
ゲーセン、ボーリング場が営業をやめて、今やスガイビルのテナントはCASINOだけ。ある意味スガイ貸し切りです。

20080513072610.jpg


BO'O
ギターボーカルは英語圏の人なんだろうか。ギターを担いで弾いたりしてなんだかうまいようであった。バンドとしては発展途上に見えた。



ガーター
前聴いたときよりよりよいと思った。全体的なまとまりは今ひとつか。なにかがかみ合いそこねているように感じます。
ボーカルはいい雰囲気で、なんとなく圧倒されるものがある。たまにフラット気味にきこえる。
そんなに楽しめるところまで行かないが、惹きつけられることは確か。うまくなったらかなり楽しめるのではと期待させるバンド。
なぜか早めに終わりました。



ANTI X DOLL XX
ノリと動きが楽しめるバンド。今日の中では一番いいと思った。演奏は迫力あり、全体にぴったり同調していて、ラウドでも聴きよい。女性ボーカルもいい。
電気猫で見たことがあるが、やはりそのときより音もいい。ドラムが打ち込み?なのは2曲目で気づいた(ドラムに誰も座ってないのに気づいた)ぐらいで、実はあまり違和感なかった。


WMLR
うまい。聴きやすいし、メリハリもきいてる。安心して聴ける感じ。聴いてる感じ演奏に不安定さがまったくない。「もしこの世に…」というのがわりとよい。
割と曲調が軽くてアニメの主題歌っぽいかも。そういうのもいいがヘヴィーな感じのもあったらいいと思った。
とにかくうまく、まれなバンド。もう一歩踏み込んでのめり込める濃さがあればと思った。


THE KNOCKERS
札幌のバンド。うまかったが、MCで言葉が汚くて、自分そういうのにあまり慣れていないので外に出てました。


THE NITE CAPS
ギターもなじんできて、よい音になっていると思った。ボーカルの音はかき消されがち。
ボーカルのシャウトとギターベース2人のコーラスがいいアクセントで、楽しめるよいバンド。

サウンドビレッヂのこけら落としでした。ちょっと間が開いてしまい、記憶をたよりに書きます。
しかも携帯忘れていったのでメモ取ってないです。

オノ・ケイコ(仮)
最近けいこさんの声はよく出てます。途中からえいちゃんやまちゃんが加わってバンド形態に。
きみがくれたものはすっかりけいこさんの歌みたいに歌っている。ココロノハナがよかったかな。
新曲とかできるのかな?


サウンドボックス
このあたりからあまりの暑さに出たり入ったりです。



妄想眼鏡


グレイスシルビア
「羞恥心」を踊ったらしいが見れませんでした。
il||li_| ̄|○il||li
演奏はグレードアップしてたかも

ヒロオ2世&ザ・スペシャルアワーズ
パーカッションがカホンだったかな。

オダッツ

ROZZY
IKKIが帰ってきていたので、久々にフルメンバーのROZZYを見ることができた。
IKKIボーカルの「妄想」とか「月影」なんかも聴けてよかったです。

すいません
細かく覚えてないです。
たびたび涼をとりに出ていたこともあり…

半券は92枚あったとのこと。自分の企画でも最高は78枚。会場の規模的にはカジノでちょうどよいようなライブでした。
いちげんのお客さんが多かったようで、それらの人たちがまたアマチュアのライブに来てくれればよいと思いました。
誰が撮ったんだろうか?

だれが撮ったんだ?

012.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。