主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウタノワライブに行ってきました。順不同。

あっきGS
最後の2曲だけ聴きました。オリジナルとカバー1曲ずつ。
声はうまく出てないところもあったと思いますが、味わいは出せていてよかったです。


ナクロック
死に神という曲がいい。でろでろしたギターの音をバックに、裏声とふつうの声を使い分けたなかなか凝った歌。


キサラギ
心にしみこんでくる系の正当派アコースティック。MCはわけわからないけどもウケてるからよい。
コーラスの声の出てなさ加減と音程のずれが惜しいと思う。
聴きやすい一般ウケしそうなよい声と曲なので、ホットラインとかコンテスト系にどんどん出たらいいのにと思った。
難点はやはり衣装かしら。余計なお世話なんだけどステージではもっとちゃんとした服を着てほしい。


スナップ
演奏ではなくてダンスがメイン。曲もオリジナルはないらしいが、これはこれで楽しめる。
ステージが広いなーと思ったら今日はドラムがないんだね。


太田由佳
今回はカホンとベースを従えてきました。
クリアなきれいな声。しかしむしろもう少しにごった表現の方が味わいを感じるかしらと思いました。


わだじゅんぺい
悪くないけれどもそんなにきわだったよさを感じなかった。
なんかfucaさんの鍵盤はとてもかろやか。


君抱
今日がラストライブ。お疲れでした。
011.jpg


スポンサーサイト
20081013234318
カナディアンワールドのカーリートレインというところにbiancaを見に行きました。

カナディアンワールドに行けばライブ会場がすぐわかると思っていたのですが、特に入り口にも本日のイベントの掲示等なく、聞く人もおらず、ソフトバンクは圏外で、広大な敷地内のどこでやってるのかさっぱりわからないで途方にくれました。。

30分ぐらいうろうろしてカーリートレインを発見。このハコは、場所を知ってるか、場所を知ってる人と一緒でないとすんなりたどり着けないハコです。
音はものすごく響いていた。学校の講堂みたいな感じ。それはそれで雰囲気です。

biancaは最後の1曲ぐらいでした。
biancaはなかよしバンドで、ほわっとした雰囲気のよさが売りでしょう。この雰囲気のままスキルを積み上げていけば、なかなかのバンドになる日も遠くないかも。


SPLIT FIRE
メタルでしょうか。これはふつうにうまくて、得意なジャンルじゃないながらも聴き入りました。
かっこいいハイテンションな演奏と、ほっこり抜けた感じのMCのギャップもおもしろかった。


焼鳥を3本食べ、GENさん等と話して帰りました。
moleに初めて行ってみました。
なかなかしゃれたハコです。どこかのバンドがMCで言っていたところによれば、映画館が改装されたライブハウスらしい。
なぜかアホほどコインロッカーがたくさんありました。
横に出入り口が二つ。入ると、ステージ側はライブスペース、一段高くなった後ろ側はバースペースでした。ライブスペースとバースペースには壁がなく、バーからライブを見ることも可能。

時間割がやけに細かいと思ったら、バンドの転換の間に、ライブスペースのバー側に別にあつらえた小ステージでアコライブを10分ほどやるというモノでした。なるほど。

ニノウデ
パンチの効いた音。しかし、かん高くて甘いボーカルは、もっと渋さがほしいと思いました。


岡崎里美
転換アクトのアコの女の人だ。甘いいい味を出していた。
バンドもやっているのかな?

001.jpg

10月1日、Duo@と一緒にりべーるのSOUND VILLAGEに出させていただきました。
この滑舌の悪さ、うっとおしい精いっぱい感。自分は確実に世界でラジオに出てはいけない人100人にはいるような気がします。

昨夜も音源もらってきて3回ぐらい聴いて自分のキモさに酔いしれました。
Duo@の2人のトークは楽しい。スタジオライブしてもらいました。
今回のROZZY企画も100名近く集めたようでうらやましいことです。

オープニングアクト
まこっちゃんのアコ、久々に聴いた。よかったです。1曲目は昨日作ったとか言っていたが、イイ曲でした。


FLEURY
高校生バンドらしい。
みんな若かたです。


MAX BET
このバンドはおもしろ歌詞で人気を集めています。演奏も前よりシャキシャキして良くなっているような気もします。ボーカルは声はいいけれども重さというか魂(漠然とした表現ですが)はもっとほしいように思った。
これは自分個人の感想ですが、「こんなこと歌ってるけど本気で歌ってるわけじゃないんだよー」的なモノが背景に見えて中途半端な感じがする。逃げ道残してます的な。バカキャラならバカキャラを貫き通してこそ感動を呼ぶんじゃないかと自分的には思う。


37.0℃
このバンドも以前よりも音がいい感じになっているような。
しかし割とそれなりになっていてまとまりのいい感じで、もっとなんか爆発的なモノがほしいようにも思う。


月光グリーン
このバンド聴くの何回目かだけど、いつもそんなに特別な印象がなかった。なんでかというと、今日思ったんだけど、とにかくこのバンドの音楽は素直な音楽で、あまりひねりというか装飾がないせいなんじゃないかと思った。若干そういう素朴さを受け取りそこねていたかもしれない。
今日は今までで一番近いところでこのバンドを聴いたが、ひとつひとつの音が素朴にそして確実に意味を持っていて、ストレートに頭に入ってくる音なんだなぁと思いました。上手にこねくってそれらしく作った感がまるでない。素直な音の積み上げでできているように思いました。
あとやっぱり演奏はうまかった。


ROZZY
正直月光グリーンのあとでトリってすごいなと思いました。プレッシャーが。
しかしさすがに堂々と演奏し、歌っていた。
月光グリーンのあとだから思うが、演奏にぶれが少しあるのかも。
まこっちゃんのボーカルは荒れ球的ですがだいたいいいところに決まっていました。客との一体感も出ていた。まこっちゃんがやぶれかぶれで放つひとことはおもしろすぎる。
ひさびさに「君の歌」。コーラスをよしてる氏がとっていました。

電気猫に行ってきました。

Duo@
電気猫はしばらくぶり。以前よりブレのない安定した演奏で、非常に魅せていた。
忘れられ~ない恋を忘れるなんて無理~を久々にやっていました。


FHC
札幌から来たアコースティックな感じの方々。鉄琴、ネックだけのギターみたいな変わった楽器、ウッドベースでした。なんかあまり一般的でない感じの音楽っぽかったです。
聴き慣れない分味わいづらさはありました。その分野の愛好家うけするのでしょうね。


Real Beat
Gt×2、Ba、Dr、Voだったかな。なんだかたくさんいたような。
このハコでこの編成にしてはとってもきちっと音が出ていて、電気猫の雰囲気とあいまって非常によい感じの音だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。