主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旭川市4条のバーで流しっぽく演奏する雅樹。曲は「雪の降る街で」
中野雅樹の曲のサビはいつもしみるなぁ。

なにやーってんだろー

なにやってんだろー
スポンサーサイト

ボシボシ企画 mani the dressingの"今日はなんの日"躍動感あふれる演奏。
初のZIPPY HALL。
このハコは、161倉庫の上にあって、大きさは旭川のSOUND VILLAGEの奥行きを倍にしたぐらいかな。天上はコンクリートむき出し、壁は合板ベニヤ。ビルの共用トイレが男女兼用という特徴があります。
今日は出演者皆お友達同士っぽい面子。北大軽音系なのかな。女子は皆それなりにドレスアップしてましたが、男子は、起きたままかと思うような服装の人もちらほらいたような気もします。

自分シロウトなのでだいたいにおいてボーカルしか見てません。


mani the dressing
このライブの出演者で一番ステージ慣れしてて、動きがあって楽しい。皆体全体で演奏しています。
「今日はなんの日」は躍動感があっておもしろい曲。わりとmaniの味わいの詰まった楽しめる曲だと思う。
「君ならどっちを選ぶ」は、出だしから終始なんとなく単調に聞こえるところが実はあんまり好きでない。まぁコレは好きずきです。
新曲は、実はあんまり印象に残ってなかったんだけれど、帰って録画した音源で聴いてみたところ、けっこうイイ曲のようなきがしました。ただ、メリハリというか、盛り上がるところと抜くところが定まっていないので気持ち的に揺らされない感じがする。
花底蛇は、こちらは非常にメリハリのきいた上に、とても叙情的で、聴いたあとに残像が残る曲。熟成されつくしているかんじ。
コイン、これはボーカルの合間に鍵盤が絶妙に入るのが非常に脳をダイレクトにくすぐる曲。
自分的にmaniはコインが1番、花底蛇が2番か。新曲がもっと熟成されたらまた聴きたいモノです。


山本厚志
アコギ弾き語り。
全部かほとんどが英語詞だった。カバーなのだろうか。オリジナルかもしれない。
英語で歌う人がかかる巻き舌病という罠にちょっとかかってるような気がする。巻き舌でちょっとネイティブっぽく歌ってるしょ?って感じで、そこで歌唱表現の追求が停滞する病。
山崎まさよしは好きなんだけど、彼が英語詞で歌うときも若干この病にかかっている。



モエエクトプラズム
なんかつまんなそうなバンド名だなぁと最初正直思ったが、いい意味で期待を裏切られた。
「地獄のサクソフォン」のギシャギシャした感じのベースとかギターソロの雰囲気とか、ボーカルの一生懸命のようなやけっぱちなような歌いっぷりがとてもいい。なんかたまにメタルっぽいが。
そんなに音程とか正確ではないような気もするし粗さはあるが、なんというか味があっていい。
ベースは肴の人だった。



Liken Lover
キャロルキングのコピー。非常に巧く歌っていた。
しかし損なのは、うまく歌えば歌うほど本物と、しかもレコーディングした音源と比べてしまうことかなぁ。
また、本物に近い出来を目指しているように見えるのでよけいにそうだ。コピーバンドの宿命か。



ボシボシ
割とムードのある演奏。
なんかライブはほぼ初めてみたいなことをゆっていた。
それだけにバンドとしての熟成が待たれる感じでした。

妄想の曲"戦闘ナルシスト"。逆ギレ時代Vol.参での演奏です。
いやほんと戦闘的な曲ですね。でろでろした迫力あるドラムの音、そしてかくいいギターとベースの音、じゅんこさんのやわらかい力強い声で、かなり聴きごたえのあるモノになっています。
サウンドビレッジに来ています。
違います。
9月CASINO DRIVEでの妄想眼鏡ライブです

ボーカルのじゅんこさんは、ものすごくうたがうまい。

T川市の人はみんな歌が上手いのだろうか。

サウンドヴィレッジにきています。
久々のオダッツライブの動画。
恒例の関係ない話題でまくりです。
とよた企画のタコライブです。


結果的に出演者が全部友達っぽい感じになったので、自分でオープニングアクトとして歌ってみましたよ。
Tackの豪華伴奏+ハモリで。
まぁ仮にも人前でやったわけですから、ご感想ご批判のほどお待ちしております。自分であとで聴いた感じでは、ひどいフラットしてますね。声も変なところで切れてるし。



bianca
ヘルプDrにJANさんを迎えての演奏。ちょっとぬるめで仲良しな雰囲気のバンドなんですが、以前よりもメリハリのついた演奏になっているような気がします。
ボーカルの声はいいけど、もう少し抑揚、特に盛り上がりがほしいかも。



SPICE COTTON
マーブルけいこボーカルの、ギターベースドラム鍵盤編成のバンド。
長くやってる人が多く、演奏のキレは抜群だと感じます。かなり聴かせる感じです。
しかし全体的に若干おとなしいというか、高揚感があればいいと思いました。個人技では魅せますが、バンドとしての一体感はやや薄めにも見えます。



バーコードバトラーズ
このSOUND VILLAGEは初めてのバンド。実はとよたのmini仲間つながりだ。Drの海太郎君がミニ仲間。
このバンド、すごくうまいとは思わないけども、なんか変な味わいがあって妙に気になる。
もしかしたらバンドに一番大切なモノかもしれない。この「変な味わい」。
MY SPACEに音源あり。




オダッツ
実に5月以来のライブ。
とよたがどんなにオダッツに飢えていたかは想像に難くない。
演奏だけでなくいつも楽しいなにかを提供してくれるオダッツですが、今日はドラミング中にZのメガネが落ちるというできすぎたハプニング。
ライブの最後を締めるすばらしい演奏でした。
ヒトシは案の定打ち上げでしゃべりまくりでした。
20081111233552
今日仕事帰りに街へ出たら、ヒロオ2世が路上をやっていた。
えー( ̄ロ ̄lll)
この寒空の下でやってるんだ!
たぶん2℃とか3℃とかの世界だ。
この寒さでも脅威の裏声健在。
「世界の憂鬱」を聴いて帰った。寒いから1曲だけで。

曲は「恋する少女」。

企画をやってて役得なのは、こういう名だたるバンドが、一般ピープルである自分にステージ上で「とよたさんありがとうございます」とか言ってくれることでしょうか。実はかなりうれしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。