主に北海道のアマチュアライブレポほか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とよた企画も、もう9回目ですか。2006年6月から数えて9回目だからけっこうな頻度だろうか。できればマンスリーでやりたいぐらいだが、準備を考えるとそうもいかないところです。
一応経験値の少ない出演者と場慣れした出演者をシャッフルしていくのが趣旨なのだが、なかなか思うようなバランスになりません。
今回はチケット半券数えたら33枚でした。
今回はアコースティックですが、サンビレ(SOUNDVILLAGEの略らしい)のアコは初めて。

織田
ヒトシのソロアコ。最初ヒトシとチャイで告知しましたが、チャイが急遽欠席となりましたm(_ _)m。
ベースが入ることを想定していたのでその分物足りなく思わないではないけれども、満足できる水準でした。「部屋掃除」新曲かと思ったら、昔のオダッツでやったヤツだそうですね。


Duo@
久々のエレアコ2人編成の彼ら。すさまじくよかった。
最初の"Direction"は、音程もずれ気味で間が詰まってしまってやけに駆け足だったように思った。
"僕らを照らして"
"空の切れ目"
↑新しめの曲で、十分に気持ちが乗った迫力ある演奏。かなり楽しめた。
"Time Over""止まり木"
Duo@の独特な雰囲気をがっちりキープして持って行きました。岡君ギターはマイクのトラブル?かなにかでときおり「カッ!」という音をさせてましたが、なんかほどよい間でパーカッション風でむしろいいように思いました。八幡君の意外な過去に関するMCも楽しかったです。


Siesha×カンノユウジ
札幌の歌姫しーしゃさん。そのすばらしい声を生で聴くのは実に3年前のとんとんまつり以来です。
今日はカホンのカンノユウジさんと出演。
カホンは、会場が響くのか、割とビシビシ強い音に聞こえた。
札幌からは一組ということで、どうも若干アウェイ感もあり、100%の力を出せたわけではないと思いましたが、「まあるい愛を」「生まれてきたわけ」という初めて聴いた歌はとてもよいと思いました。



中野雅樹
ここ1年ぐらいのライブでは、ほとんど調子のブレがないように聞こえる彼。「フルスイング」という曲がけっこうよかったです。その次の曲の散る花びら~♪というのもかなりよかった。そして「こころが叫ぶから」これはほんとにいい歌だ。MCも手慣れててとてもおもしろい。



妄想眼鏡
今回はアコースティックバージョン。エレキギター→アコギ、エレキベース→ウッドベース(びっくり)、ドラム→なにか簡易な感じのドラムセット。
この企画のためにアコで練習してきてくれたのです。皹(×頗)とか、沈まないで太陽、そして林檎的なものを2曲ぐらいやってました。いつもやっていない形式だけに、若干煮詰めというか煮込みに不足があった感もありましたが、それでも十分に楽しく、十分に聴かせるステージでした。
20080621182546.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fiestayellow.blog86.fc2.com/tb.php/179-b67a6b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。