主に北海道のアマチュアライブレポほか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌に来ました(゜_゜
サウンドクルーにリフレインズというバンドを見に来ました。
住所にビルの名前とか書いてなくて、どうやって探せばいいんだと思ってたら、サウンドクルー自体が1棟の建物でした。

入口から入るとバーというか飲食スペースがあって、モニタでライヴスペースの様子が見られる。モニターだけで音は出てないのか?ライヴスペースの音がけっこう聞こえてくるのでちょっとわからないが出てないらしい。
そのカウンターとテーブルーがあるスペースで、常時10人ぐらいはだべってる。
カウンターでもぎりもやってました。初めてだとわかりにくいかもしれない。

やはり、ライヴハウスの入口からライヴスペースの入口に行く途中に人がたまるところをつくっておいたほうが、目当てのバンドが演奏しないときのお客が通路とかにたまってしまわなくていい。
札幌のライヴハウスはそんなふうにつくってあるのが多い気がする。旭川のライヴハウスは、ライブを見ないお客さんがたまる適当なところがなくて、その結果通路に人がたまって通りにくいところが多いかもしれない。

防音扉あって、階段上がるとライヴスペース。旭川のCASINOを半分ぐらいにした感じ。ライヴスペースに入ると、最初、ライヴハウスのスタッフ?のけっこう長く凝ったMCがあり、ウケてた。MCは出演者が演奏し終わるたびに出てきてバンドのことを何か言ったりしてました。手慣れたモノでした。
ドリンクを置くための腰上ぐらいの丸い台?テーブルが前の方に2つと後ろに1つあって、ドリンクを置くためにそこに自然と人が集まるせいか、入り口あたりに人が集中することはなかった。

以下個人的感想(普遍的なモノではありません)

The Boot Legs
ビートルズのコピーバンドのようでした。
格好からしてシルバービートルズ?みんなイケメンでスーツにリーゼントだった。
オリジナルもやっているようでした。
コピーはとりあえずなんとか英語で歌ってますよというレベルでした。ビートルズのコピーには点が辛い私。


King Star Field
半分ビジュアル系みたいに見えるがそうでもないのかな。
演奏は迫力あるが、歌はあんまり上手くないと思った。
曲はけっこういいのでボーカルが惜しい。だみ声っぽい声がおいしい場面もあるが、裏返ったりはずれたりして、おいしさを逃す場面も多かった。
たまにいい雰囲気を出すと思っていたら、後半にかけて尻上がりに味を出してきて、最後2曲ぐらいはかなりグルーヴ感を楽しめた。


ムシニカマル
ギター、ベース、ドラム、そしてサックス。サックスは膝まであるでかいやつ。
サックスボーカルというめずらしい編成でした。
このバンドの順になると、ライブスペースに人が一杯になったので、ファンが多いらしい。
演奏はかなりのモノのようでした。ややボーカルが薄く聞こえるか。
一時ライブスペースを出て下のモニターでライブの様子を見たが、カメラが切り替わるのに驚いた。4つぐらいカメラを設置してあるのかな。


リフレインズ
ギター&ボーカル、ベース、ドラムのスリーピース。
MY SPACEでライブ音源を何回か聴いたことがある。やけにブレのない演奏だとは思っていたが、本物をライブで見ると、ものすごい緻密な演奏に驚く。
かなり高度にシンクロした音で、ただごとではない感じでした。
まるで機械のように正確な演奏。そのまま一発録りでレコーディングできそうだ。
神がかった演奏だが、あまりにも正確で遊びがないせいか、圧倒されるうまさはあるが後味として楽しさ、グルーヴ感をあまり感じないかもしれない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fiestayellow.blog86.fc2.com/tb.php/187-fcc1bef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。