主に北海道のアマチュアライブレポほか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分、あえてシロウト的な視点を大切にしようと思い、音楽の勉強とかなにもしてないんですが、誤謬等ありましたらご指摘下さいませ。

与謝野
相変わらず心に迫るアダルティーバンド。
割と静かめな演奏にきこえるので、あのウッドベース?のぼんぼん言う音が非常に直接的に心にひとつひとつ刻まれつつ、ギターの泣きとあいまって、じゅんこさんのボーカルのすごい表現力を引き立てあっているなぁとおもいました。


Power of Piece
SAXがいい感じに耳に心地よいバンド。今日は新ベースでの初めてのライブ。
ボーカルがきれいで聴きやすい声です。もっと気持ちにぐいぐい入り込んでくるようであればもっといいです。


MAX BET
ちょっとコミックバンド的なテイストのバンドですが、楽隊がとてもよいです。状態のいいバンド独特の、音が互いに同調しあってかたまりになってきこえる現象があるような気がします。
「クソ野郎」という曲は、要するに「漏れそう」みたいな状況を歌った曲ですが、大腸の中で起こる暴動をギターとベース、ドラムが見事に表現しているように思いました。
その次のバラードも楽隊がよかった。ボーカルはもっと言葉を情感のせてていねいに置いていってほしいなと思いました。


ROZZY
最初の方はあったまっていないのか、若干表情が乏しく思いました。
ハーゲンダッツとか君の歌とか、なつかしいのもやった。新曲もやっていました。
このメンバーでの音のまとまりは着実によくなっているようでした。後半からはあったまってよい感じに聴けました。
9月の峠は、よいけれども、まだ以前の心揺さぶられる疾走感がわかない、わきかけ、という感じがしました。
MAXBETの曲をやっていましたが、ROZZYの曲だと言われてもわからない感じでした。
夕暮れはボーカルがいい感じに出ていてとてもよかった。
空に願う、イイ曲です。まだ熟成途中なのかもしれませんが、(あくまで自分的には)もうすこしなにかが来れば気持ちの扉が開く的な感じがします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fiestayellow.blog86.fc2.com/tb.php/271-482f3325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。