主に北海道のアマチュアライブレポほか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE ENDZの企画を見ました。

lie for lie
元気のいい若者バンド。ラスト3曲ぐらい聴けた。
みさきさんは、グレースの頃よりうまい気がした。ほかのメンバーに引っ張り上げられてるのでしょうか。
全体にガチャガチャした印象もあるけれども最後の曲とかパワフルなかんじでよかった。


WYVERN
演奏はとてもしっかりしていて、しかも迫力がある。
低くかまえたギターは、特徴的で、飛びかかりそうな勢いを感じる。
緊迫感のある演奏がいつもできていて、その雰囲気に観客を巻き込んでいる感じ。


THE KNOCKERS(札幌)
けっこう何回か見たバンド。やはりとてもうまい。
ワイルドさを演出するゆえなのか、MCで観客にちょっときたない言葉の使い方をする。
それが彼らの味なんだし、ファンはそこを楽しんでいると思うけれど、自分はなんかなじめない。



shanghai
おなじみのシャンハイ。まこっちゃんに「変態」と言わしめるほどの複雑なベースプレイをしながらの迫力あるヴォーカル。
鍵盤もギターもドラムも完璧な調和を見せていた。
このバンドには専任のカメラマンみたいな人がいて、YOUTUBEにUPしたるのがそれだと思うが、シロウトじゃないカメラワークだ。


CHAOS(大分)
旭川のアコースティックデュオではない。なんか絵に描いたようなパンクだが、ボーカルの人がにこやかで、楽しげな雰囲気で演奏する。
歌や演奏ははんぱでなくうまかったと思う。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fiestayellow.blog86.fc2.com/tb.php/284-ddf7892f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。