主に北海道のアマチュアライブレポほか
次回のライブは…(゚-゚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妄想眼鏡
妄想眼鏡いぇい!という感じでやっていました。
しかし今日の声はなんとなく出てない…という感じがしました。


オダッツ
今日のオダッツは、今年の中では一番よかったような気がします。それぞれの演奏のグレードが高い!
今年はライブも少なかったけれども、最後にいい締めをしたと思う。
しかしオダッツは、新曲とか新しい展開がないのがずっと見ているとちょっと物足りない。



GRACE SILVIA
最初の2~3曲はやや重たい。裏声になるところがスムーズじゃなくてぎこちない。ミスり方が素直なので、他のバンドみたいにもっとなにかごまかせないかなとか思う。
新しい2曲はセンスがあってとても好きだ。なんかきいたところによればチャットモンチーにインスパイアされているらしいです。
新曲も"ストロベリーロック"も、女子バンドならではのこまやかであでやかな雰囲気をかもしだしてる。が、キャンキャンしていなくてほどよく落ち着いて心地よく、また聴きたくなる曲。



37.0℃
かっこよくノリよくなって、最近なんとなく音楽の世界を広げてきた37.0℃。
今日はややラウドなかんじだったかな。全体にもっと熟成が進んで味わいが深まればもっと聴きよいと思いました。



MAX BET
今日はなんだか歌詞が聴き取りやすかったです。あぁこんな歌詞だったんですねというところもあったりして。
なにか聴くたびにどこか進化している感じがします。ひとりよがりにならずに、いつも見せることを考えているんでしょう。どの曲だったかな、ギターのソロっぽいところがかっこよかったです。
相変わらず声は甘くてよい。 けれども、英語の歌は、とりあえず英語で歌っているが感情が乗っかっていなくていただけなかった。



ROZZY
名古屋へ転勤したIKKIが、正月休みで戻ってました。
まこっちゃんとIKKIの2人で歌っていたところを、IKKIの留守番中、ベースはヘルプを入れつつここ2年?ぐらいまこっちゃん1人で歌っていたROZZY。
ボーカル2人の声がやたら違うことが、ものすごい効果を産んで、ものすごい広がりを見せていたROZZYなので、IKKIが戻ることで聴けた、2人のボーカルのコンビネーションにかなり酔いしれました。"9月の峠"は、IKKIがいなくても比較的変わらない曲かなと思っていたが、あの"イェーイェーイェー"の厚さがぜんぜん違って、ここがこの曲のキモなのかなと初めて思いました。
"妄想"は、IKKIの歯切れのよい歌い出しで、やっぱりこうじゃなきゃなぁと感じた。カウントダウンとかシーセッドとかも、久しぶりな感覚です。だいたい全部そうなんですが。
また、ベースのことはよく知らないが、IKKIを見てあらためて、このバンドはベースがやたら前に出てくる、ベースのヘルプが大変なバンドだなぁと思った。ヘルプ?サブ?のあやこさんはすごい鍛えられそう。

IKKIが入ることで、まるでROZZYは時間が戻ったようになる。ないものねだりだが、そこには当然成長もないわけなので、そこが物足りないっちゃぁもの足りない。ほんとうにないものねだりですね。
そのもの足りなさの背景には、IKKIが転勤してからまこっちゃんがボーカルを一手に引き受け、ヘルプのたすくが入ったことで、曲がりなりにもROZZYはそれまでと違った成長をしてきたということがある。
IKKIの穴を埋めるため、なのかどうなのかはしらないが、最初のころ、あまりIKKIの前に出ようとしないように見えたまこっちゃんは、さえぎるものがなくなって日が当たるせいか、ここ1~2年ぐらい?やたら存在感を伸ばしている。"夕暮れ"なんかはIKKIなしでも完璧な楽曲だし。
IKKIが戻って元通りのROZZYの曲を聴くと、またまこっちゃんがどうぞとよけて脇役に徹し、そういう成長がまるでなかったことみたいに見えてしまうのがものたりないっちゃものたりない部分でした。
今年?IKKIが本格的に戻ったら、成長したまこっちゃんとIKKIの個性がぶつかり合うとおもしろいなぁと思いました。

欲を言えば"君の歌"が聴きたかった。    おわり
初のZIPPY HALL。
このハコは、161倉庫の上にあって、大きさは旭川のSOUND VILLAGEの奥行きを倍にしたぐらいかな。天上はコンクリートむき出し、壁は合板ベニヤ。ビルの共用トイレが男女兼用という特徴があります。
今日は出演者皆お友達同士っぽい面子。北大軽音系なのかな。女子は皆それなりにドレスアップしてましたが、男子は、起きたままかと思うような服装の人もちらほらいたような気もします。

自分シロウトなのでだいたいにおいてボーカルしか見てません。


mani the dressing
このライブの出演者で一番ステージ慣れしてて、動きがあって楽しい。皆体全体で演奏しています。
「今日はなんの日」は躍動感があっておもしろい曲。わりとmaniの味わいの詰まった楽しめる曲だと思う。
「君ならどっちを選ぶ」は、出だしから終始なんとなく単調に聞こえるところが実はあんまり好きでない。まぁコレは好きずきです。
新曲は、実はあんまり印象に残ってなかったんだけれど、帰って録画した音源で聴いてみたところ、けっこうイイ曲のようなきがしました。ただ、メリハリというか、盛り上がるところと抜くところが定まっていないので気持ち的に揺らされない感じがする。
花底蛇は、こちらは非常にメリハリのきいた上に、とても叙情的で、聴いたあとに残像が残る曲。熟成されつくしているかんじ。
コイン、これはボーカルの合間に鍵盤が絶妙に入るのが非常に脳をダイレクトにくすぐる曲。
自分的にmaniはコインが1番、花底蛇が2番か。新曲がもっと熟成されたらまた聴きたいモノです。


山本厚志
アコギ弾き語り。
全部かほとんどが英語詞だった。カバーなのだろうか。オリジナルかもしれない。
英語で歌う人がかかる巻き舌病という罠にちょっとかかってるような気がする。巻き舌でちょっとネイティブっぽく歌ってるしょ?って感じで、そこで歌唱表現の追求が停滞する病。
山崎まさよしは好きなんだけど、彼が英語詞で歌うときも若干この病にかかっている。



モエエクトプラズム
なんかつまんなそうなバンド名だなぁと最初正直思ったが、いい意味で期待を裏切られた。
「地獄のサクソフォン」のギシャギシャした感じのベースとかギターソロの雰囲気とか、ボーカルの一生懸命のようなやけっぱちなような歌いっぷりがとてもいい。なんかたまにメタルっぽいが。
そんなに音程とか正確ではないような気もするし粗さはあるが、なんというか味があっていい。
ベースは肴の人だった。



Liken Lover
キャロルキングのコピー。非常に巧く歌っていた。
しかし損なのは、うまく歌えば歌うほど本物と、しかもレコーディングした音源と比べてしまうことかなぁ。
また、本物に近い出来を目指しているように見えるのでよけいにそうだ。コピーバンドの宿命か。



ボシボシ
割とムードのある演奏。
なんかライブはほぼ初めてみたいなことをゆっていた。
それだけにバンドとしての熟成が待たれる感じでした。
いさおライぶでした。

Tack
最近はライブハウス従業員のお兄さんと思われているかもしれないが、えもいわれぬ味わいのある声で、やたらと耳に心地よい。


あわねワールド
今日はわりとテンポよい曲が多く、カホンで聴きやすい感じでした。


タク
割と大味な曲も多い印象だが、今日やった「雪原に咲く一輪の花」がとてもよかった。レイニーデイズと同じく、回想っぽい、なにか遠景が思い浮かぶ曲。


Chaos
今日もとても聴かせるChaosでした。
「木枯らし」は、曲を聴いても歌詞を聴いてもじーんとくる、とてもすばらしい曲。なんか曲名「秋風」でよかったんじゃないかと思った。


キサラギ
今日は1人。いつものように軽からず重からずいい感じに響いてくる、これも心地よい歌。
ピースリー学園についての記事の中で、当該イベントをコケダマプレゼンツと記述しましたが、Peacelly Projectの間違いでした。お詫びして訂正いたします。
入店しましたら、すごく若いバンドがやっておりました。中学生?と思ったけど、高校1年ぐらいなかんじらしい。"傘がない"に似た洋楽をやってた。


ゆきさんバンド
チャットモンチーのコピバンでした。
楽しそうでした。


DUSKLOCK
この中ではけっこう手練れだったので、演奏始めた瞬間空気が変わりました。
3曲目4曲目ぐらいがたるいかんじがしたが、それ以外は楽しく聴けました。
開場がバンドには若干響きすぎるが、雰囲気はとてもよいです。



SOUND BOX
ひさびさに聴きました。
タクヤ氏の飛び跳ねだけでも楽しめる。ベースを2種類使っていた。
MCとかのステージ回しも前よりだいぶよくなっています。

木曜じゃねぇΣ( ̄□ ̄;lll)

3月最終日曜日です



3月30日(日)CASINO DORIVE
です(・ω・)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。